請求可能な賠償金

慰謝料物損事故では基本的に慰謝料が発生することはありませんが、慰謝料以外の賠償金の請求をすることは可能です。損害請求できるのは、主に車に関するものです。車の修理や買いかえにかかるお金、事故のダメージで車の値打ちが落ちてしまった場合の評価損、代車の利用でかかるお金などをあげることができます。なお、車の買いかえにかかるお金は、自動車取得税をはじめとする税金や車庫証明、登録手続きなど、買いかえに伴うお金の支払いも、加害者に対して請求することが可能となっています。

車に関する損害請求としてはほかにも、タクシーやバス、運送会社が事故で営業が不可能になった場合の休業損害、車の積荷が破損した場合に賠償金として請求できるケースもある積荷損といったものをあげることができます。どの名目で、いくらの損害請求が可能なのかはケースバイケースです。

また、物損事故での被害は車だけではないケースも多いです。たとえばコンビニや家に車が突っ込んで、建物を損壊させてしまうケースです。この場合、加害者に対しては修理費用の請求をすることが認められます。建物でなくても、たとえばガードレールに突っ込んで壊したような場合には、壊した人に対して施設の管理者が修理費用の支払いを求めることが可能です。

さて、つづいてはペットの被害について説明していこうと思います。